進路・資格

海洋電子機械工学科卒業後の進路実績

※端数処理(四捨五入)のため、合計が100%にならない場合があります。

海洋電子機械工学科卒業後の就職先例

日立建機、ヤンマー、今治造船、常石造船、住友重機械モダン、NOK、新潟原動機、JFEメカニカル、阪神内燃機工業、富士石油、五洋建設、竹中工務店、郵船商事、富士貿易、ゆりかもめ、東京電力、共同テレビジョン、アメリカ船級協会、横浜市役所、警視庁、都市再生機構など

※端数処理(四捨五入)のため、合計が100%にならない場合があります。

乗船実習科修了後の就職先例

近日掲載予定

取得可能資格

3級海技士(機関)

機関システム工学コース卒業後に、乗船実習科を修了すれば3級海技士(機関)の筆記試験が免除されます。この免許を得れば、船舶職員(機関長、機関士)として海運業に従事することができます(船舶職員及び小型船舶操縦者法参照)。

高等学校教諭1種免許状
(商船・工業)

本学科で教職課程の授業を受講し、免許に必要な単位を修得すると、卒業時に機関システム工学コースでは高等学校教諭1種免許(商船)、制御システム工学コースでは高等学校教諭1種免許(工業)の免許状が交付されます。

船舶衛生管理者

船舶に乗り込み、船員の健康管理や保健指導、作業衛生管理、居住環境衛生、食料と用水の衛生保持などを行うための資格です。機関システム工学コース及び乗船実習科修了後、講習受講により取得できる資格です。