進路・資格

海事システム工学科卒業後の進路実績

※端数処理(四捨五入)のため、合計が100%にならない場合があります。

海事システム工学科卒業後の就職先例

三井造船、商船三井システムズ、宇徳、鶴見サンマリン、日本海洋事業、深田サルベージ建設、ヤンマーアグリジャパン、オフショアエンジニアリング、東京ガス、三菱倉庫、三菱化学物流、日本通運、西濃シェンカー、五洋建設、小森コーポレーション、太洋産業貿易、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ベース、フジアール、国土交通省、東京税関、静岡市消防局など

※端数処理(四捨五入)のため、合計が100%にならない場合があります。

乗船実習科修了後の就職先例

近日掲載予定

取得可能資格

3級海技士(航海)

航海システムコースでは、乗船実習科修了後に海技試験に合格すれば本免許を取得することができます。遠洋区域を航行区域とする総トン数5,000トン以上の船舶においては、2等航海士として従事することができます(船舶職員法参照)。

高等学校教諭1種免許状
(商船・工業)

本学科で教職課程の授業を受講し、免許に必要な単位を修得すると、卒業時に航海システムコースでは高等学校教諭1種免許(商船)、情報システムコースでは高等学校教諭1種免許(工業)の免許状が交付されます。

第1級海上特殊無線技士

特に国際VHF波で通信を行う場合に必要な資格で、船舶職員はこの資格を持ち、無線設備の操作を行います。航海システムコースで取得できる資格です。

船舶衛生管理者

船舶に乗り込み、船員の健康管理や保健指導、作業環境衛生、居住環境衛生、食料と用水の衛生保持などを行うための資格です。航海システムコース及び乗船実習科修了後、講習受講により取得できる資格です。