国立大学法人 東京海洋大学 海洋工学部
百周年記念資料館
重要文化財 明治丸
観覧のご案内
百周年記念資料館とは
東京商船大学 校章 東京海洋大学百周年記念資料館(昭和53年開館)は、東京海洋大学の前身の一つである東京商船大学が明治8年11月3日に隅田川の永代橋下流に係留した成妙丸を校船と定めて開学してから、昭和50年で100周年となったことを記念し、その中心事業として建築されたものです。
 この資料館は一般によく見られる海事資料館とは異なり、本学100年の歴史を軸とした商船教育史とその周辺の海事史を物語る資料を収集展示しております。
 すなわち、100年にわたる学校制度の変遷を示す教科書や図書・文献・写真・絵画などの資料、100年間における卒業生の活躍に関する同様な資料、歴代練習船に関する機械・器具・遺品・写真・絵画・などのほか一般海事に関する図書・文献・図誌などを類型別に展示してあります。
新着情報
2010/12/15 明治丸海事ミュージアム事業への募金のお願い
2006/07/01 ホームページがオープンしました。
展示品
船模型 船体関係
機関関係 属具・その他
明治丸海事ミュージアム事業募金HPはこちら>>
重要文化財 明治丸HPはこちら>>
東京海洋大学海洋工学部HPはこちら>>
Copyright (c) Tokyo University of Marine Science and Technology