グローバル・リーダーシップ・イニシアティブ(GLI)

海洋工学部 グローバル・リーダーシップ・イニシアティブ(GLI) 認定コース 
(対象:全学科)

平成26年1月24日現在

  1. 1. 養成する人材

    1875年(明治8年)に創設された商船学校を始祖とする海洋工学部では、常に世界に眼差しを向け、優れたリーダーシップと高い教養を身につけた学生を輩出すべく高度な全人教育を行ってきました。本コースは、このような全人教育の伝統に基づく教養を身につけ、将来、グローバルな課題に果敢に挑戦し、異文化の中に身を置いても優れたリーダーシップを発揮できる学生の資質を認定します。コースの目的は、認定を目指す学生の勉学意欲を促進することと、社会が期待する人材を多く産み出すことです。

  2. 2. 養成のための教育内容等

    グローバルな活動には、英語によるコミュニケーションが欠かせません。そのため、認定には、一定レベル以上の英語能力が要求されます.のみならず、外国人に対しても、正確な知識と高い教養に裏付けられた、視野の広い意見を伝えることも大切です。また、将来、グローバル社会においてリーダーシップを発揮するには、多種多様な人間関係の中、相手を気遣い、お互いの意見を尊重しながらグループに道標を示す資質が必要です。すなわち、本コースの認定には、a) 自律的な英語コミュニケーション能力、b) グローバル社会で活躍するために必要な教養《グローバル教養》([政治・法律・制度・政策]、[環境]、[資源・エネルギー]、[文化・歴史・哲学])、c) グローバル・コミュニケーション体験、d) リーダーシップの基盤を作る体験の4種類の指標を満たす必要があります。

  3. 3. 本コースの修了に必要な学部段階の指定科目および修了要件

    3.1 a)自律的な英語コミュニケーション能力、b)グローバル教養、d)リーダーシップの基盤を作る体験に関わる指定科目


    必修
    海事システム工学科 短艇実習Id) 短艇実習Ⅱd) 海と文化b)
    海洋電子機械工学科 短艇実習d) 船舶実習Ⅰd) 海と文化b)
    流通情報工学科 流通情報工学演習d) 学外実習d) 海と文化b)
    選択 英語科目* Intensive EnglishⅠⅡa) Interactive EnglishⅠⅡa) Effective EnglishⅠⅡa)
    全学科共通** 文化人類学b) 民族誌b) 歴史学b)
    国際政治学b) 国際法b) キャリア形成論d)
    大気環境学b) 海運実務論b) エネルギー工学b)
    港湾環境工学b) 国際交通論b) 哲学b)
    論理学b) 科学論b)  

    * 英語科目については、掲げられている6科目中、1科目以上の単位取得が必要
    ** 全学科共通科目については、掲げられている14科目中、8科目以上の単位取得が必要

    3.2 その他の要件

    3.2.1 自律的な英語コミュニケーション能力

    外部英語能力試験において、世界的な言語能力評価基準である「ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages、以下CEFR)」において、独立した言語使用者として英語でコミュニケーションができるレベルであるB1以上に匹敵する得点を有すること(例:TOEFL ITP 460点以上、TOEIC 550点以上など)

    3.2.2 グローバル・コミュニケーション体験

    国際海事訓練セミナー、IAMU Student Session、Maritime Experiential Learning (MEL) Camp、GLIP(Global Leadership Intern Program)、CIEE国際ボランティアプロジェクト、IAESTE(日本国際学生技術研修協会)、長期留学、国際ボランティア、学内のチューターなど、外国人との自主的かつ継続的なコミュニケーション体験

    3.2.3 リーダーシップの基盤を作る体験

    GLIP(Global Leadership Intern Program)、国際ボランティア、外部ボランティア活動における指導的な役割体験、学科オリエンテーションやオープンキャンパスのサポート体験、サークルの役員経験(部長など)など
    ※3.2.2、3.2.3の要件については所属学科長の確認を必要とします。

  4. 4. 履修認定・修了認定

    コースの修了要件を満たし学部を卒業した者には、願い出により「グローバル・リーダーシップ・イニシアティブ(GLI)認定コース」の修了認定(修了証授与)を、東京海洋大学海洋工学部が行います。

  5. 5. 年度別GLIフェローシップの認定

    3.2「その他の要件」の3要件(3.2.1、3.2.2、3.2.3)のいずれかを入学後に満たした場合、願い出により当該年度の年度末に、「GLIフェローシップ認定」(認定証授与)を海洋工学部が行います。認定された学生には次の1年間、GLIフェローの称号の利用などの特典が与えられます。なお、CEFR B1からB2(独立した言語使用者として英語で高度なコミュニケーションが出来るレベル、例:TOEFL ITP換算543点以上、TOEIC換算785点以上など)へのレベルアップを除き、各要件の在学中のフェロー認定は一回に限られます。

報告会の様子 報告会の様子

報告会の様子