学科ニュース修士学生がフレッシュマン講演奨励賞を受賞(日本航海学会秋季講演会)

10月25日、26日に下関市の海峡メッセ8階で日本航海学会秋季講演会が開催され、本学の教員及び大学院修士課程の学生らが研究成果を発表しました。
海運ロジスティクス専攻博士前期2年石井幹久学生は「ニューラルネットワークを用いた実海域における船舶推進性能の推定」と題した研究成果を発表し、見事フレッシュマン講演奨励賞を受賞しました。フレッシュマン講演奨励賞は、発表した内容を含めて発表の構成、スライドや話し方、態度や熱意など多面的に審査された結果です。織田日本航海学会会長から賞状を受賞されるとともに、祝意と今後の更なる活躍を期待する激励の言葉をいただきました。



石井学生と指導教員で共著者の庄司先生