ニュースリリース「ミャンマーの生命保険に関する海洋工学部の産学国際交流」

12月12日(月)、太陽生命保険株式会社本社にて、ミャンマー生命保険に関する交流会が開催され、海洋工学部各学科の学生6名、教員1名が参加しました。

太陽生命は、ミャンマー国営保険会社であるミャンマー保険公社と生保業界発展のための覚書を締結しており、本学もメンバーであるミャンマー人材育成支援産学官連携ぷらっとフォーム (http://mjpf.jp/about/)の世話人企業でもあります。当日は、尾石海外事業部部長から太陽生命のミャンマーにおける活動およびミャンマーの生命保険業界の現状についてご説明いただいた後、ミャンマーのセインミン顧問と海洋工学部の学生との間で活発な質疑応答が行われました。

太陽生命の社員であるヤンゴン駐在員事務所のスーミャットニンさんが、すばらしい通訳をしてくださいました。
セインミン顧問は、学生の質問に対して熱心かつ丁寧に答えてくださり、またミャンマーの船員のための保険についてもお話ししてくださいました。
海洋工学部の学生にとって、はじめてのミャンマーとの国際交流体験であり、とても有意義で貴重な体験となりました。

(関連HP)ミャンマー人材育成支援産学官連携ぷらっとフォーム  http://mjpf.jp/


ミャンマーの生命保険について熱心に学ぶ海洋工学部学生


セインミン顧問と海洋工学部学生との質疑応答


質疑応答後の記念撮影