ニュースリリース海洋電子機械工学科4年生の濵口凱氏が、日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門主催の「第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウム」において若手優秀講演表彰を受賞しました

2017年10月31日(火)~11月2日(木)。 広島国際会議場において、日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門が開催され、海洋電子機械工学科4年生・濵口凱さんが、本シンポジウムにおいて若手優秀講演表彰を受賞しました。

受賞した濵口凱さんは、「光トラップ法により捕捉した微小液滴の観察」についてと題した研究を発表しました。これは、光トラップ法による空間捕捉した、極めて微小な大きさの液滴を観察する方法を検討し、レンズの選択、照明の方法など光学系を工夫することにより、空間補足され浮遊している直径10マイクロメートル程度の液滴の観察が可能であることを示しました。

関連HP:日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門 https://www.jsme.or.jp/mnm/awards.html

--- シンポジウムでのパネル展示 ---