ニュースリリースカリフォルニアマリタイムアカデミーの学生とともに海事セミナーを実施しました

シンガポールマリタイムアカデミーから教員のキャプテン・イスマイルを、カリフォルニアマリタイムアカデミーからはジョセフとアリッサの2名の学生を招いて国際海事セミナーが行われました。
越中島キャンパスでプレゼンテーションやグループワークを行い、互いに打ち解けた後に汐路丸でウインドラス(揚錨機)の操作、国際VHF通信のトレーニングが行われました。

2日目からは汐路丸での東京湾の航海や揚投錨操船実習を行い、充実した海事セミナーとなりました。揚投錨操船実習では少人数のチームで目指す予定錨地に的確に投錨するため、英語でのコミュニケーションをしっかりと行い互いの意思疎通を図って行いました。 同じ海技士を目指す学生ですが、国が違えば文化も制度も異なるので新たな発見や気づきが盛りだくさんで、学生たちにとっては一皮も二皮も向けたセミナーとなりました。


シンガポールマリタイムアカデミーの教員、キャプテン・イスマイル  カリフォルニアマリタイムアカデミーの説明をするジョセフ


グループワーク中の学生たち                   汐路丸での訓練の様子

汐路丸での食事の様子