ニュースリリース国際海事大学連合(IAMU)学生カンファレンスで研究成果を発表

10月17日から20日の間、スペインのバルセロナで国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities: IAMU)の学生カンファレンスが行われ、 海洋工学部海事システム工学科4年の岡本岳斗学生と海洋電子機械工学科4年の真鍋拓未学生の2人がそれぞれ研究成果を発表しました。
例年IAMUの年次会合(Annual General Assembly: AGA)の一環として行われており、バルセロナ港にあるWorld Trade Centerで教員のカンファレンスとともに行われました。 自分の研究の成果を発表 するとともに各国の学生たちの研究成果を聞き、意見交換が活発に行われました。途中教員の講演とそれに関するディスカッションがあり、有意義な時間を過ごすことができました。 ディナーパーティーやコーヒーブレークでは各国の学生たちと会話したり、記念撮影したりして楽しく充実した4日間でした。
本学から参加した2人の学生は当初英語での会話に苦労していたようですが、親しくなるにつれ打ち解けて会話が盛り上がっていました。


  IAMUオープニングの様子                   優秀賞を受賞した学生の発表の様子

  研究成果を発表する岡本学生                研究成果を発表する眞鍋学生


発表を終えて司会のルック先生と記念撮影