東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科海洋電子機械工学科

海洋電子機械工学科

理論と実践を結びつけた、一貫した工学教育

船舶は“一つの街”と形容されるように、移動と生活に必要となる様々な機器を備えた高効率システムです。本学科では、この先端技術を備えた船舶機関・海洋関連機器を教材に知識と技術を修得します。実際の船舶機関システムを自分の手で操作できるなど、他大学では経験できない多くの実験・実習を取り入れたきめ細かな指導も特徴です。卒業生は世界中を航海する外航船の機関士や陸上企業のエンジニアとして活躍しています。

特徴ある教育内容

  • ものづくりのエキスパートになろう!!

    海洋電子機械工学科では、船舶機関・海洋関連機器に関係する実験装置等を使って高効率で安全なシステムを設計・管理するための知識と技術を習得し、海事産業エンジニア、機械・電気系メーカエンジニアを含む幅広い分野で活躍できるための力を身に付けます。

  • 多くの実験・実習を取り入れた総合工学教育

    機械系、電気系、制御系の豊富な実験・実習を通して、授業で得た知識と実務を結び付けます。具体的にはディーゼルエンジンの運転管理・効率測定、炭素鋼の引張試験、シーケンス回路を用いた誘導電動機の駆動実験、実際の船を使った自動運転などを通して応用力・創造力のある専門技術者を育成しています。さらに、必修科目の船舶実習 I では、合計2か月間大型練習船に乗り、船上で実際の船舶機器に触れながら仕組みを体感して理解することを目指しています。

  • なぜ」を考える。実践する

    船舶機関・海洋関連機器などの大型プラントの運用・保守管理やエネルギーシステム、海洋ロボット、電子制御機器、材料などの研究開発・設計・製造の先端技術分野で幅広く活躍でき、また海事産業などの専門領域で希少な人材を育成します。「もの」をつくり、動かし、大切に使う技術とともに、船舶機関・海洋関連機器・環境エネルギー・海洋開発などの機器に興味があり、向上心を持った学生を求めています。

学科主任メッセージ

船舶に搭載されている様々な機械を題材に、省エネルギー技術や環境保全技術について学ぶことができます。多くの実験・実習を通して、実務に直結する知識を身につけた卒業生は、リーダーシップをとれるエンジニアとして広く海でも陸でも活躍しています。

東京海洋大学
海洋電子機械工学科主任

吉岡 諭

設備紹介

  • 電池推進船「らいちょう」

    電池推進船「らいちょう」

    電池推進船は搭載された電池のエネルギーによって航行する、航行時に大気汚染物質を排出しない環境にやさしい船です。低環境負荷となる新たな水上交通システムの開発を目指しています。

  • 電子制御式船用2ストロークディーゼル機関

    電子制御式船用2ストロークディーゼル機関

    2ストロークディーゼル機関は、大型商船の主機関として使用されています。最新の電子制御式機関を用いて運転管理、機関性能測定、排ガス分析などの実験・実習を行います。

  • エンジンルームシミュレータ

    エンジンルームシミュレータ

    船舶機関室シミュレータは、Engine-room Resource Management(ERM)の合理的なトレーニング手法を開発・実践するために、海技技術者養成方法に関する検討委員会の研究成果に基づき独自に構築したシステムです。