学科ニュース電子情報通信学会LOIS研究会のグッドプレゼンテーション賞を受賞

5月と8月にオンラインで、電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS)研究会が開催され、本学の教員が研究成果を発表しました。
麻生准教授は、上記の研究会で、それぞれ「フォークリフトに関する作業計測システム」と「作業プローブシステムを用いた実態調査」と題した研究成果を発表し、 ともに「LOISグッドプレゼンテーション賞」を受賞しました。
LOISグッドプレゼンテーション賞とは、LOIS研究会にて発表が行われた論文のうち、プレゼンテーション技術および発表内容が
(a) プレゼンテーション
(b) 今後の研究の萌芽となる可能性が高いアイデアを提示した
(c) 他の研究者へのインパクトが大きい
において優れているものを毎回最大3件程度選定し、その筆頭登壇者を表彰します。

関連リンク:電子情報通信学会 → https://www.ieice.org/iss/ois/jpn/oiscomm.html